FC2ブログ

PフィーバータイガーマスクW Light ver. 甘デジの遊タイム天井期待値

2021103【記事更新:2021107日】

更新箇所について:「期待値と出玉の偏りイメージについて」の項目を追加しました。

PフィーバータイガーマスクW Light ver.のスペック

新台導入予定日は104日からです。メーカーは三共(SANKYO)。

大当り確率99.9分の1の甘デジで一種二種混合機となります。

販売台数500台。

 

【スペックの総評】(当ブログによる見解です)

この機種の特徴は、ラッシュ突入時の比較的高い継続率を活かし連チャンにより出玉を伸ばしていくタイプの機種です。ラッシュは継続率の高さの違いにより2種類に分かれており、いかに上位ラッシュ(タイガーラッシュW)へ突入できるかが面白さの醍醐味となると思われます。


しかしながら、2種類トータルでの実質的なラッシュ突入率は5割を下回ることから、初期投資は幾分かさむ傾向にあります。


また、遊タイムを搭載しています。

 

スペックは以下の表のとおりです。

PフィーバータイガーマスクW Light verのR振り分けグラフ

PフィーバータイガーマスクW Light verのスペック表


●初当たり(ヘソ当たり)消化後の抽選振り分け

ヘソ当りからラッシュへのトータルでの実質突入率は44%です。内訳は突入率31%の電サポ1回+残保留2個が全体の70%を占めます。残りは、25%が電サポ8回+残保留2個で突入率は70%、5%が電サポ16回+残保留2個で突入率は89%です。

 

一方、ラッシュ中はトータル75%で継続します。内訳は電サポ8回+残保留2個のタイガーラッシュが継続率70%で、電サポ16回+残保留2個のタイガーラッシュWが継続率89%です。

 

●出玉面について

初当り(ヘソ)のメインラウンド(R)は4Rで全体の95%を占め出玉(差玉)は360個です。残り5%は9R 810個となります。


ラッシュ中は9R(実質8R720個が全体の51%と約半分を占めますが、残り49%は3R(実質2R)で出玉(差玉)は270個にすぎません。このため、まとまった出玉の獲得感は平均すれば幾分上昇するものの限られたケースに止まると思われます。

 

通常時を含めた平均では1回の大当りで23連チャンして1200個近くの出玉(差玉)が獲得できる計算となります。

 

ラッシュ中の平均連チャン回数は4回(2種類のラッシュのトータル値)で、1800個余りの出玉(差玉)が獲得できる計算です。

 

一連のラッシュ(2種類のラッシュのトータル値)で5千発の差玉が獲得できる確率は4%程度となります。

 

ちなみに、2種類のうちの上位ラッシュとなるタイガーラッシュWに限ると、平均連チャン回数は9回で、4100個ほどの出玉(差玉)が獲得できる計算です。

 

PフィーバータイガーマスクW Light ver.の遊タイム期待値を計算してみました

遊タイムの発動契機は通常時を最大250回転消化後となります。

 

遊タイムに突入後は、最大電サポ16回+残保留2個の時短(タイガーラッシュW)に突入し当選確率は89%です。

 

遊タイムの天井期待値は通常時の平均期待値を上回りますが極端ではなく、無理に遊タイム天井を狙うよりもボーダーラインを上回る台を終日打つといった普通の立ち回りスタイルがベストだと思われます。

 

●狙い目の通常回転数

遊タイム発動まで残り100回転を狙い目としました。

 

回転率がボーダーマイナス2回転(250玉あたり17回転)程度で時給2000円以上となる天井期待値は以下の表のとおりです(時給換算では約2500円となります)。これは1時間でまわせる通常回転を150回転と想定した計算です。

PフィーバータイガーマスクW Light verの遊タイム期待値狙い目 

 

●貸玉料4円で金額換算した場合の期待値は以下のとおりです。交換率は4円等価交換および3.57円交換の2種類で計算してあります。

まず、出玉削りなしの表です。

PフィーバータイガーマスクW Light ver遊タイム期待値 4円等価交換 削りなし 

 

 PフィーバータイガーマスクW Light ver遊タイム期待値 3.57円交換 削りなし


●次に、出玉が5%減る場合です。

なお、これはスペックから算出した出玉数をベースとして大当り時や遊タイムを含む電サポ中の入賞時にアウトにこぼれるムダ玉を合算で除いて計算した値です。最終的に手元に残る出玉(差玉)とお考えください。

PフィーバータイガーマスクW Light ver遊タイム期待値 4円等価交換 削り5% 

 

PフィーバータイガーマスクW Light ver遊タイム期待値 3.57円交換 削り5% 


参考までに遊タイム機を終日打つ場合のボーダーライン回転率を一覧表にしましたのでご活用いただければ幸いです。

PフィーバータイガーマスクW Light ver ボーダーライン一覧


期待値と出玉の偏りイメージについて

下のグラフは、PフィーバータイガーマスクW Light ver.をパチンコ店で実際に打った場合を想定し、大当り確率やラウンド振り分け等のスペックを基に玉の出方を推計したものです。期待収支(期待値)と実収支の平均値の推移です。4円パチンコの出玉削りなしの調整で単回転収支8円(ここでは250玉あたり23.2回転=等価ボーダー+3.6回転)を想定しています。(実収支は実際に手元に残る差玉を金額換算した値で出玉のかたよりを考慮して算出しました。)

 

グラフをみると、通常回転150回転(大当り確率の2倍程度)あたりまでは実収支のマイナス幅が拡大しています。金額的には-2000円余りです。持ち玉ができにくく現金もしくは貯玉による投資が続いている状態です。その後、実収支は期待収支に徐々に近づき、プラスに転じるのは350回転あたりとなっています。

 

実収支が期待収支の90%程度まで近づくのは750回転あたり(大当り確率の7.5倍程度)ですが、これはラッシュ時の出玉性能に左右されやすいです。


玉の出方については、どちらかというと荒いタイプの機種に属しますが、昨今はもっと激しい機種も複数出回っているため、そういったタイプよりは幾分おとなしめだと思います。

 

ちなみに、玉の出方が穏やかだと判断される甘デジ海物語では、マイナス幅の拡大が続くのは通常回転100回転あたりまでで、金額的には-2000円以内に収まる場合が多いです。


もちろん、これは平均値の話なので、引きが悪いとさらに数倍のマイナス値もありますし、引きが良いと逆に大きくプラスに偏る場合もあります。

 PフィーバータイガーマスクW Light ver 実収支の推移イメージのグラフ

 

期待収支は、ボーダー超えの台を打てば、回した通常回転数に応じてプラスになりますが、実際の実収支は連チャンで大きく出玉を伸ばす事もあれば、単発続きやラッシュが続かないといった展開により投資がかさむ事もありブレるので平均的なイメージとして捉えてください。

 

実収支はラッシュ突入率やラッシュ継続率を考慮して算出してあります。一般的に、ラッシュ突入率が低い一方、初当り時の出玉が少なく、逆にラッシュ中に有利な出玉振り分けとなっているタイプの機種は出玉の爆発力は高いですが初期投資はかさむ傾向にあります。逆にラッシュ突入率が高かったり、通常時と電サポ当たりの出玉振り分けの差が少ない機種は期待収支どおりの実収支が得られやすい傾向です。

 

最終的には機種タイプに関わらず回転数が積みあがるにつれ期待収支と実収支の差は縮まります。

 


PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

⇩ぽちってくだされば幸いですm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

パチンコランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック