FC2ブログ

パチンコ店の2021年4月の売上は前年の急減による反動増ながら前月を大きく下回る~特定サービス産業動態統計調査の結果を受けて

202168

パチンコ店の4月の売上は前年比7割増加だが前月より1割強の減少

経済産業省の特定サービス産業動態調査によると、20214月のパチンコ店売上高(全数調査ではない)189,270百万円で前年同月に比べ72.4%増と前年(20204月 61.8%減)が感染症拡大の影響により急減した反動から大きく増加しました。


しかしながら、前月(20213月)と比較すると12.9%減の大幅な減少です。


ちなみに、特殊要因の前年を除く過去2か年では概ね45%前後の減少に止まっており、このくらいの数値が季節要因とみなせます。20194月が対3月比4.4%減で20184月が4.9%減です。


こうしたことを勘案すると依然としてきびしい状況に変わりはないでしょう。(下のグラフをご参照ください)

 パチンコ店売上高の伸び率推移グラフ

  

売上の減少に歯止めがかかるかどうかは感染症対策の進捗も焦点のひとつ

最近の動きは、状況が急激に好転するような目立った材料は特になく、売上の頭打ち感は続いていると思われます。

 

加えて、新型コロナウイルス感染症に関連する行動制限等の行政的な措置によるパチンコ店の客足への直接的な影響は確認できないものの、これを機に意識的に遊技を避けるパチンコユーザーが多かれ少なかれ存在することも否定できません。

 

202168日時点の「緊急事態宣言」および「まん延防止等重点措置」の実施区域と実施期間は以下のとおりです。

 

緊急事態宣言

2021425日から620日まで

東京都、京都府、大阪府、兵庫県

 

2021512日から620日まで

愛知県、福岡県

 

2021516日から620日まで

北海道、岡山県、広島県

 

2021523日から620日まで

沖縄県

 

まん延防止等重点措置

2021420日から620日まで

埼玉県、千葉県、神奈川県

 

202159日から620日まで

岐阜県、三重県

 

2021516日から613日まで

群馬県、石川県、熊本県

 

こうした行動制限措置がさらに再延長されるのかどうかは分かりません。

 

しかしながら、現在、ワクチン接種のほとんどは医療従事者や高齢者等に限られていますが、今後、接種対象者が拡大される中で、大規模接種センターの開設や職域接種の導入など接種体制は急ピッチで整いつつあるようです。

 

これが行動制限の解除につながれば、パチンコ店から足が遠のいていた客層の戻りが多少は期待されるのではないでしょうか。
PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

⇩ぽちってくだされば幸いですm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

パチンコランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック