FC2ブログ

P大海物語4スペシャルBLACKのスペックとボーダーラインについて

2021422【記事更新:2021521日】

更新箇所について:「期待値と出玉の偏りイメージについて」の項目を追加しました。

P大海物語4スペシャルBLACKのスペック

2021524日から新台導入予定です。メーカーはSANYO(三洋物産)。

 

ST機となります。

 

スペックは以下の表のとおりです。

P大海物語4スペシャルBLACK スペック表

 

大当り確率は199.8分の1のライトミドル機となります。

ST中の当選確率は40.6分の1です。

 

この機種の特徴はヘソ・電チュー共通のラウンド(R)振り分けで、安定した出玉感が味わえることでしょう。大当りを引けば必ずSTに突入するので、単発に終わった場合のがっかり感は少ないと思います。

 

出玉面について、大当たりの30%を最大Rである10Rが占め、出玉数(差玉)は1400個と十分です。5R30%を占め700個で、3R40 420個です。

 

平均的には1回の大当りで34連チャンして2800個程度の出玉(差玉)を獲得できる計算となります。

 

先代機種CR大海物語4BLACKとの比較

お店ではまだまだ現役稼働(20214月現在)しているCR大海物語4BLACK20186月から導入、以下、旧機種とする)と新台P大海物語4スペシャルBLACK(以下、新機種)とのスペックを比較しました。主な違いは以下のとおりです。

●電サポST中の大当り確率(高確率)

新機種40.6分の1←旧機種49.3分の1

大当り高確率が軽くなり、かつ、電サポ中の時短振り分けがなくなった分、大当り抽選の比較的速い消化速度につながると思われます。旧機種では電サポを最大100回まわさなければならなかったが、新機種では50回となっています。内訳は、旧機種が電サポ100回のうちST50回で時短が50回に対し、新機種は電サポ50回のみですがST51回です。1回転は潜伏確変なので、ヘソ消化的な状態で高確率を回すことになりますが、体感できるほど大きな影響は考えなくて良いかと推測されます。実際は残保留に含まれるのではないかと思いますがどうでしょう。

 

●ヘソ賞球

新機種3個←旧機種4

打ち手側からみると新機種のほうが投資はややかさむ傾向になりそうですが、お店の調整の幅はやや広がりそうです。

 

ST突入率

新機種100%←旧機種 ヘソ50%、電チュー100

ヘソの初当たりからの実質的なST突入率は新機種が72%で旧機種は56%なので、新機種はより安定した出玉感になると思われます。

 

●ボーダーライン(250玉あたりの等価ボーダーライン)

新機種17.6回転←旧機種20.1回転

 

ボーダーラインについて

4円パチンコのボーダーライン回転率を一覧表にしましたのでご活用いただければ幸いです。等価ボーダーラインは17.6回と低めです。
P大海物語4スペシャルBLACK ボーダーライン一覧

期待値と出玉の偏りイメージについて

下のグラフは、P大海物語4スペシャルBLACKをパチンコ店で実際に打った場合を想定し、大当り確率やラウンド振り分け等のスペックを基に玉の出方を推計したものです。期待収支(期待値)と実収支の平均値の推移です。4円パチンコの出玉削りなしの調整で等価ボーダープラス3回転(ここでは250玉あたり20.6回転)を想定しています。(実収支は実際に手元に残る差玉を金額換算した値で出玉のかたよりを考慮して算出しました。)

 

グラフをみると、実収支がマイナスの値となっているのは通常回転400回転(大当り確率の2倍程度)を超えるあたりまでです。持ち玉ができにくく現金もしくは貯玉による投資が続いている状態です。また、実収支が期待収支にほぼ近づくのは1300回転前後(大当り確率の67倍程度)となっています。

このように、玉の出方の安定感は低くはないと思います。

ちなみに、荒い機種だと実収支がマイナス値なのは通常回転数が大当り確率の3倍程度にまで達し、実収支が期待収支にほぼ近づくのは大当り確率の8~9倍程度といった場合が多いです(等価ボーダー+3回転程度の場合)

 

先代CR機と比較すると、初期投資の荒れ具合がゆるやかなので打ちやすいのではないでしょうか。参考までにグラフに先代CR機のデータを載せてあります。想定回転率は等価ボーダー+3回転の23.1回転のデータです。この他、P機の回転率が20.6回転では単回転収支は8.5円となりますが、この単回転収支をCR機でも8.5円に合わせて比較したデータのグラフも掲載してあります(この時のCR機の回転率は24.3回転)。


もちろん、これは平均値の話なので、引きが悪いとさらに数倍のマイナス値もあり得るということは考えに入れておいたほうが良いと思います。もちろん、引きが良いと逆に大きくプラスに偏る場合もあります。

期待収支と実収支の推移イメージP大海物語4スペシャル グラフ1 


期待収支と実収支の推移イメージP大海物語4スペシャル 単回転収支8.5円で比較した場合 

 

期待収支は、ボーダー超えの台を打てば、回した通常回転数に応じてプラスになりますが、実際の実収支は連チャンで大きく出玉を伸ばす事もあれば、単発続きやラッシュが続かないといった事で投資がかさむ事もありブレるので平均的なイメージとして捉えてください。

 

実収支はST継続率を考慮して算出してあります。一般的に、ST継続率が低い一方、逆に電サポ当たり中に有利な出玉振り分けとなっているタイプの機種は出玉の爆発力は高いですが初期投資はかさむ傾向にあります。逆にST継続率が高かったり、通常時と電サポ当たりの出玉振り分けの差が少ない機種は期待収支どおりの実収支が得られやすい傾向です。

 

最終的には機種タイプに関わらず回転数が積みあがるにつれ期待収支と実収支の差は縮まります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

⇩ぽちってくだされば幸いですm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

パチンコランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック