FC2ブログ

PピンクレディーとP中森明菜のスペックとボーダーラインについて

2021319

PピンクレディーとP中森明菜・歌姫伝説~THE BEST LEGEND~のスペック

両機種とも202145日から新台導入予定です。

メーカーはPピンクレディーがHEIWAグループのアムテックス、P中森明菜はDaiichi(大一商会)。

両機種とも確変ループ機となります。

 

スペックは以下の表のとおりです。

PピンクレディーとP中森明菜のスペック表

 

 

PピンクレディーとP中森明菜のボーダーライン

ボーダーはPピンクレディーのほうが低めです。

Pピンクレディーのボーダーライン一覧 


 P中森明菜のボーダーライン一覧

 

両機種に共通する主なスペックの特徴

・大当り確率:約319分の1のミドル機

・最大出玉(差玉):10ラウンド(R 1400個(払出し1500個)とまとまった出玉が獲得できる

・最大出玉Rの振り分け:8割から9割と多くを占める

・バランスの良い継続率:確変突入率は6割程度で継続率は7割程度と安定感がある

 

両機種のスペックの違い

●ヘソ賞球数

Pピンクレディー:1

P中森明菜:3

最終的にはお店の調整次第ですが、Pピンクレディは1個賞球と玉の返しが少ないため、投資がかさむ傾向となりそうです。

 

●時短回数(10R通常大当りを引いた場合)

Pピンクレディー:150

P中森明菜:100

時短回数に限っては比較的大きな差があります。これは大当りの引き戻し率につながり、Pピンクレディーは約40%でP中森明菜は約29%です。

 

●平均出玉(差玉)

Pピンクレディー:約5200

P中森明菜:約4500

1回の大当り連チャンで得られる出玉面についてはPピンクレディーのほうがやや有利なようです(当ブログによる独自計算です)。

 

2R大当り時の獲得出玉(メーカー公表の払出し出玉)

Pピンクレディー:300

P中森明菜:120

おそらくP中森明菜は大当り入賞アタッカーの開放時間が短いのではないかと思われます。

 

以上の事から、両機種ともに安定感のあるスペックでありながら、個別には、投資を抑えマイルドな出玉感のP中森明菜と、やや投資はかさむが出玉は充実したPピンクレディーといった印象を受けました。
PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

⇩ぽちってくだされば幸いですm(__)m
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

パチンコランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック