FC2ブログ

2020年10月のパチンコ出玉還元について~続々導入の遊タイム搭載機種に期待したいがお店の扱い次第

2020930

例年10月は前月と同様の還元状況が続く

例年、10月のパチンコ店の還元状況は、多くの集客を図らなければならない大型連休などの催事は控えておらず、前月同様、通常営業の調整が続きます。

 

昨年10月の土曜・日曜・祝日は11日ありましたが、今年は9日しかありません。この期間を除けば例年どおりの還元が期待されます。

 

しかしながら、お店側からみれば売上が伸びる日が2日少ないわけです。

 

客入りの状況によっては、売上目標達成のために月末にかけて回収がきつくなるお店もあるでしょう。

 

お店の扱いが客入りを左右しかねないほど続々登場する10月の遊タイム新台

このところの新台リリースは、遊タイム搭載機種が当たり前のような雰囲気になっていますね。

 

話題性が高く、今最も注目されている機種ですのでお店も導入せざるを得ないのでしょう。

 

遊タイムは、一定の回転数に達すると強制的に時短に突入する仕組みで、当たりやすくなる分、お店の利益が食われる形になるようです。

 

ボーダーラインが比較的低く、等価ボーダーで250玉あたり17回転~19回転程度の機種が多いようですね。

 

このため、通常営業だと14回転とか15回転程度しか回らないといった調整が目立つようです。

 

これでは、パチンコユーザーはなかなか腰を据えて打とうとは思えませんので、天井を意識した打ち方に終わってしまう気持ちもわかります。

 

しかしながら、10月導入新台のほとんどが遊タイム搭載機種です。

 

これだけまとまって導入されると、お店としては無視できないですよね。普通に集客のビジネスチャンスです。

 

大事に扱うお店は必ずあると思います。

 

参考までに202010月に市場へ導入予定のパチンコ新台です。

P戦国乙女6暁の関ヶ原(遊タイム付)

P 真・牙狼(遊タイム付)

P新世紀エヴァンゲリオン決戦~真紅~(遊タイム付)

Pリング呪いの7日間2(遊タイム付)

Pフィーバークイーン2 (遊タイム付、甘デジ)

P学園黙示録ハイスクールオブザデッド2(遊タイム付)

Pおそ松さんのゴールデンロード(遊タイム付)

Pフィーバークイーン2(設定付き、甘デジ)

P義風堂々兼続と慶次2(甘デジ)

PAヤッターマン(甘デジ)

 

顧客獲得競争が激しさを増す厳しい環境のなかでこそ優良店は光る

経済産業省の特定サービス産業動態調査によると、パチンコ店の7月の売上高は前年比2割減にまで持ち直しつつあります。

 

コロナ禍による全国一斉休業で8割近くも激減した5月よりも大きく改善してはいますが、前年割れは13か月連続となっています。

 

これは、パチンコ客の所得環境が先行き不透明である事に加え、従来からの広告宣伝規制や射幸性を抑えた遊技機への転換(一定期間先延ばしされてはいるが)による集客への影響が続いていることにも起因すると思われます。

 

売上が低迷していることから、パチンコ店の還元状況は全体としては芳しくないと考えるのが妥当でしょう。

 

最近のパチンコ店の客足は、全体としては戻りつつありますが8月を境に足踏みしているとの意見があり気になるところです。

 

全体的には出玉の還元は芳しくない状況が続くでしょう。

 

一方、顧客獲得競争は激しくなっているようで、以下のような現象が目につきます。

 

●アイドル店員やお店の関係者と思われる人物によるツイッターへの投稿が頻繁に行われるなどSNSでの宣伝広告は華やかさを増している印象です。広告内容が規則に従っているのかどうかは素人の私にはよくわからないところですが。

 

●設置期限が限られるなかでも、今だ人気の高い旧基準機を増台することにより集客を図るお店が絶えません。

 

●ネット上では、設置期限の切れた高射幸性機種を撤去しないお店への批判が続いています。これは、批判が一方的で、撤去しないお店側からの反応がほぼ見られないのが気になるところではありますが。

 

●「遊タイムをリセットしません」といった宣言をするお店もあります。これは、リセットすると宵越し天井つぶしと捉えられ一部ユーザーからの心象が悪いからだと思われます。

 

現在、廃業に追い込まれるお店が昨年より多い事に示されるように経営面での店舗格差は開いていますので、資金繰りがきついお店には優良台は全く存在しないと思います。

 

逆に、ライバルが弱体化していることを集客のチャンスと捉えるお店はそれなりに還元してきます。

 

私の地域では、投入規模を小さくしながらも、優良台を必ずどこかに用意しているお店があります。

 

遊タイム搭載機種の天井期待値狙いはあくまでも謙虚に立ち回るべき

以上のことを勘案すると、勝ちにこだわる打ち手は、特定のお店での特定日など、優良台が投入される確率の高い日を中心とした立ち回りがベストな方法である事に変わりはないでしょう。

 

ここで、遊タイム搭載機種の天井期待値を狙った立ち回りは選択肢のうちの一つになると思いますが、他の遊技客の気分を害するような目に余る行為は慎むべきでしょう。

 

長く打ち続けるためには紳士的に立ち回るように心がけたほうが良いと思います。

 

遊技を楽しむ事を重視する打ち手は、あまりにも調整の悪いお店を避けつつ無理をしない稼働に徹した方がよさそうです。

関連記事

コメント

非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック