FC2ブログ

出玉を意識して打つ

20201121

パチンコでボーダーラインを意識して打つパチンカーは少なくはないと思います。

 

止め打ちなどにより、極力、ムダ玉を減らせば、結果的に手元にはより多くの玉が残ります。

 

ただ、ボーダーラインを意識するのは、ヘソ入賞を狙う通常時ばかりではありません。

 

最終的に手元に残る玉数は、大当たり中や大当たりを消化した後の時短中の入賞具合によっても左右されます。

 

実質的な出玉数は、大当たりで払い出された玉数に時短中の増減分が加わることになります。

 

シンフォギアの甘デジの場合だと1ラウンド(R)あたりの出玉が5%増加するとボーダーが1回転ほど下がり甘くなります。逆もしかりです。

 

丁寧に打つか打ちっ放すかで大きな差が生まれるのです。







パチンコランキング
  にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック