FC2ブログ

パチンコ・パチスロで遊ぶのにいくら必要か ~ 趣味打ち

202055

パチンコ・パチスロは平均2万円から9万円程度を打ち込めば一日遊べます

パチンコ・パチスロは完全確率なので、今日いくらお金を使えば当たるかは誰にも分かりません。

 

しかし、パチンコ店の営業時間は決まっていますので、1日に使える金額には限界があります。また、大当たりを引くと、増えた出玉で打つのが一般的ですので、一日に何十万円も突っ込むことは普通はありません。

 

では、いったいいくら必要なのかをパチンコ、パチスロ、主な貸玉レート別にまとめました。112時間打ったとすると、打ち込み金額は平均2万円から9万円程度となります。

全国の平均値なので個人で実践するとブレは出てきますが、長期間にわたると次項のような金額に近づくと思います。

 

ただし、あまりにもパチンコが回らない、パチスロがいつも出ないといったお店ばかりで遊技すると、平均値を大きく下回る恐れがありますことをご承知おきください。

 

余裕のあるお金と時間の範囲内で遊びましょう

112時間打った場合の平均金額

1円パチンコ:必要金額(負け額)4,000円 内訳=打ち込み金額20,000、戻し(大当たり)16,000

 

4円パチンコ:必要金額(負け額)14,000円 内訳=打ち込み金額89,000、戻し(大当たり)75,000

 

5円スロット:必要金額(負け額)3,000円 内訳=打ち込み金額18,000、戻し(大当たり)15,000

 

20円スロット:必要金額(負け額)10,000円 内訳=打ち込み金額68,000、戻し(大当たり)58,000

 

一般ユーザーの年間平均での必要金額(負け額)は50万円から140万円程度

平均稼働時間は1円パチンコ4.5時間、4円パチンコ3時間、5円スロット5時間、20円スロット4.5時間です。

 

一般ユーザーの年間平均必要金額(負け額)と12時間打つ人の場合

1円パチンコ:14.5時間打った場合 547,000円≒4,000円÷12時間×4.5時間×365

112時間打った場合 1,460,000円=4,000円×365

 

4円パチンコ:13時間打った場合 1,277,000≒14,000÷12時間×3時間×365

112時間打った場合 5,110,000円=14,000×365

 

5円スロット:15時間打った場合 456,000≒3,000÷12時間×5時間×365

112時間打った場合 1,095,000円=3,000×365

 

20円スロット:14.5時間打った場合 1,369,000≒10,000÷12時間×4.5時間×365

112時間打った場合 3,650,000円=10,000×365

パチンコ・パチスロを終日打つのに必要な金額

上記の金額は某パチンコ遊技機関連企業が公開しているデータを基に算出しています。

データ内容は、パチンコホールで稼働している遊技機の11台あたりの売上、粗利、稼働時間です。全国すべてのホールではありません。

パチンコランキング
  にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 
  最後までお読みいただきありがとうございます。 
また、いつもぽちっとしていただき重ねて感謝いたします。
関連記事

コメント

非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック