FC2ブログ

釘を読まずに打つ節約パチンコ これで負けないというか勝てるかも ~ 概要 これだけ読めば重要部分は分かります

202027日 【記事更新:2020717日】

(本文を読むのにかかる時間は約5分です)

本シリーズ記事の概要

パチンコは釘読みが大切なことは紛れもない事実ですが、釘なんか見ても分からないという方がいらっしゃると思います。

 

そういった方が勝てないかというと一概にそういうわけではありません。

 

回れば勝てる回らなければ負けるということを体が覚えれば勝てます。

 

それに加えるとしたら、出玉の感覚を覚えることですが、回る台を打つことが先決です。

 

その時だけの大勝ちを目指すとか、その日、勝ったか負けたかに一喜一憂する必要はありません。

 

勝つ方法はたったひとつ。負けを抑える打ち方を覚えることです。その最重要な方法がお店を厳選し回る台を打つことです。

 

なんだ、勝てるわけではないのか、満足できないじゃないかと思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

そういう方はパチプロの方に聞くか、ネットでパチプロのサイトを探すかしてみてください。同様のことをおっしゃっていると思います。自分も最初は理解できませんでした。しかし、実践して結果を残せるようになってくると、本当の事だと実感できるようになります。釘読みやオーバー入賞狙いなどの技術介入はその先の話です。

 

日によっては、大負けする時もあります。もちろん、大勝ちもあります。私は、甘デジで955回転ハマり大負けしたことがあれば、逆に35連チャンして大勝ちしたこともあります。

 

大切なのは、優良台を用意してくれるパチンコホールで、よく回る台を打つことです。

 

まずは打てるお店(パチンコホール)を選びます。優良店です。

お店の大きさに関係なく優良店を選びます。

 

現在は、パチンコ遊戯人口の減少等によりお店の収益が以前より減っています。これからも急回復は難しいでしょう。

 

どこのお店も、お客さんを集めるのに一生懸命になっていますし、お客さんがいかにお金をたくさん使ってくれるかにも一生懸命になっています。

 

お客さんを集める(集客)方法にはいくつかあり、代表的なものには、新台入替と特定日(旧イベント日)と有名人来店イベントの活用があります。細かく言えば、創業記念日とかファン感謝デーなど様々ありますがキリがないので割愛します。

 

お店はこうした特別な日を中心に集客行為を行うわけですが、集めたからといって出す(出玉を還元する)とは限りません。

 

曜日、日にちの数字、イベント関連日など、出玉還元を連想させる日はお客さんが勝手に想定した日に過ぎないのです。お店の目的は、あくまでも利益追求のための集客です。集客する計画を立て、出す日を設定するのです。お客さんが少ない平日に出す事も普通にあります。

 

一方、毎回毎回、集客日のたびに回収ばかりしていると、お客さんは気付き逃げていき、売上は落ちます。売上が落ちると少ないお客さんからできるだけたくさん回収しようと、さらに回収に走るといった悪循環におちいります。こうしたお店は避けましょう。

 

優良店というのは、回収の悪循環に入っていない、還元と回収のバランスが良いお店のことです。還元できる資金が十分にあるお店とも言えます。

 

現在は、ホールの収益環境の悪化から、還元の頻度も減少傾向にありますが、こうした厳しい時期だからこそ、ホール選びが大切なのです。

 

台選びについて、よく回る優良台は、まずは人気のある台から選びましょう。ここでは、甘デジを中心に話をすすめますが、考え方はライトミドルやミドル機種でも基本的に同じです。

 

優良台は人気のある台に設定しやすいのです。人気台はホールにとって大切な収益源なので、たくさん置きたいし、長く大事に扱いたいのです。

 

優良店がみつかったら、打つ時はかならず記録を取ってください。取る記録は打った日と稼働データ(投資玉数や出玉数、現金比率、大当たり時の回転数等)です。打った時刻は必要ありません。

 

記録データが積み重ねられるにつれて、そのホールの還元状況が見えてきます。

 

パチンコはいつ打ち始めても、いつやめても積み上げた期待値は無駄にはなりません。

重要なのは、当たっても当たらなくても、データの記録を取ることなのです。

 

パチンコ稼働で記録した稼働データは、持ち帰って期待収支を計算します。電卓をはじいて手計算してもかまいませんが、時間がかかります。

 

PCやスマホの表計算ソフト(アプリ)を利用したほうが効率的でしょう。あらかじめ、計算式を入力して保存しておけば継続して使えるので便利です。

 

稼働データは各自に合った方法で記録すればよいと思います。スマートフォンの表計算ソフトに入力するとか、ガラケーのメモ機能を使う、紙にメモするといった方法があります。

 

大当り回数や初当たり回転数など一部の稼働データについては、パチンコ機メーカーのスマホ向けサービスツールを利用しても良いでしょう。ただ、出玉数に関しては表面上のデータになりますので、ご自身で把握してください。

 

こうして積み上げた期待収支が、最終的に実際の収支(実収支)に近づいていきます。

 

最後に

本シリーズでは、お店選びと台選び、稼働データ分析により負けを最小限に抑えるパチンコ(主に甘デジ・遊パチ)の打ち方を述べていきます。

 

この立ち回り方を本当に理解すれば、自分で考える力が身に付きパチンコ技術もレベルアップしていきます。ひいては勝ちにつながることになるのです。


パチンコランキング
  にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村  
  最後までお読みいただきありがとうございます。 
また、いつもぽちっとしていただき重ねて感謝いたします。
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック