FC2ブログ

保存版 35連チャン。実はたいして稼げていない理由 爆出し 引き強 パチンコ ~ 甘 戦姫絶唱シンフォギア

20200116 35連シンフォギア グラフ - コピー

2020116

(本文を読むのにかかる時間は約5分です)

はじめに。この稼働にパチンコの本質の甘い汁が含まれています

自分、オカパチクローバーが、201939日に甘デジのシンフォギアを打ちましたところ、35回連続で大当たりを引きました。大爆連チャンです。自分が打ったシンフォギアでは今でも最高記録です。

上のグラフはその時の差玉(金額に換算)期待収支の動きを表したものです。

 

普通は、爆連、爆出し、出玉が2万発オーバー、差玉も15,000玉のプラスで金額換算53,000を大量ゲット。

 

大儲けでハッピーライフの豪遊じゃあ、ということで終わるのですが、今回は真面目に稼働内容を掘り下げてみたいと思います。

 

今思うと、この稼働は、パチンコというものが、どういう挙動を示すのか、精神にどういう影響を及ぼすのか、パチンコとどう付き合っていけばよいのかについていろいろ教えてくれる良い事例です。だから、ずっと残しておきたい記事なのです。

 

201939日の稼働結果です

以下の表は稼働履歴です。

20200116 35連シンフォギア 履歴 - コピー


通常回転709回転(電サポ込み)を回し、大当たり44回を引きました(初当たりは6)

単発4回、5連チャン1回に、最後は35連チャンの大勝利でした。

表面回転率は193回転(250玉あたり)。

差玉は14,897玉の大幅プラスでした。

期待収支は3,610円でした。

単回転収支は51(3610÷709回転)です。

 

その他、詳細の稼働データは以下の表のとおりです。

20200116 35連シンフォギア 稼働結果 表 - コピー


ボーダーラインは174回転と算出されました。

 

15,000玉近く(実収支は53,629円=14,897玉×4円×交換率0.9)の差玉を獲得した割には期待収支が3,000円台(3,610)止まってしまいました。

 

やめ時を逃して打ち続けた

下のグラフは今回稼働時の回転率の推移です。

投資玉数は累積で、回転率は平均です。

点線は近似曲線でグラフの傾向を示します。

20200116 35連シンフォギア 回転率グラフ - コピー


この台はこれまでに何度も打っていて、ボーダーラインは175くらいだとわかっていました。今回の計算では174と算出されています。

 

自分はボーダープラス3回転以上の台を打つことを目標としていますが、今回は

ボーダープラス19回転(回転率19.3-ボーダー17.4)に落ちるまで打ち続けてしまいました。

これは反省点です。

 

やめ時は、回転率が平均で204回転を切る前です。グラフでみると、投資が3,715玉に達する前が投資効率的にはベストですね。

 

とは言いながらも、その後6,020玉を投資するまでは回転率が再び上昇していますので悩ましいところですが。

 

最終的には自分の判断です。投資効率を取るか、少しでも期待収支を稼ぐかといった考え方の違いによるでしょう。

 

もっとも、ボーダー以下になっても延々と打ち続ければ、いずれ負けますので、ご注意ください。

 

重要なのは精神面です。大勝ちしても思い上がらないことが大切

パチンコで大きく勝つと、気も大きくなり、自分には才能があるのではないか、それなら、自分独自の理論で立ち回れば絶対に勝てる。

と思いがちになる方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、技術介入により多少の出玉の増加は望めるものの、台の実力を大きく上回り勝てた場合は、自分の実力ではなく、運が良かっただけにすぎません。

運はコントロールできません。

このブログではこれが大前提で話をしています。

 

今回の稼働がいかに運が良かったのかについて表にしてあります。

ツキ指数と言います。黄色の部分の数字です。

20200116 35連シンフォギア ツキ指数グラフ - コピー


パチンコの大当たり確率は機種ごとに決まっています。

たくさん回せば回すほど本来の大当たり確率に収束していきますが、当たり方には偏りがあります。

 

今回は、44回の大当たりを引くことができました。

これは通常回転を平均で1,676回転まわさなければ引けない回数ですが、大当たりがたまたまプラスに偏ったために709回転まわしただけで引けました。大当たりを20回も多く引いています。

 

これを指数化したものがツキ指数です。今回のツキ指数は236.4%のプラスでした。確率どおりに引けて100%です。

平均の2364倍の大当たりが引けたということです。実力を大きく上回る収益を手にしました。

 

一方、期待収支は3,610円です。これは実際にまわした回転数に対応した平均の勝ち額なので、いずれこの金額に収束します。

 

5万円余り勝っても5万円負けることがあるということです。

(=期待収支3,610円-実収支53,629)

 

自分は、今回のように一時的に大きく勝てても、「潤沢な投資資金をつくることができたのでラッキーだった。これを元にまた打てる。」

といった程度にしか考えないようにしています。

関連記事

コメント

オカパチクローバー

元井 広夢 さんへ
ヽ(〃≧∀≦)ノノノいらっしゃいませえ♪

シンフォギアには出玉なし当たりはありません。
ただ、この機種は、公表出玉数よりも、実際の出玉の
ほうが多いといった逆出玉詐欺です(笑)
だから、実際のボーダーは数字だけの計算値よりも
低くなります。導入当初は相当稼げました。
⇩参考です
https://okirakucb.jp/blog-entry-132.html


出玉なし当たりがあるのは、冬ソナがそうですね。
2ラウンド当たりですが、実質出玉なしです。
古い機種だと009 RE:CYBORGもそうです。
あれは、完全に出玉なし電サポ突入です。

オカパチクローバー

はる さんへ
ヽ(〃≧∀≦)ノノノいらっしゃいませえ♪

ツキ指数はパチ好きの誰かが考え出した
引き具合を測る計算値ですね。
学会で認められた業界用語では
ないようです(^-^)
⇩参考までに
https://okirakucb.jp/blog-entry-162.html

そのとおりであります。
パチンコは甘い時もあれば辛い時もあります。
根拠の無いのめり込みは禁物なのです(-"-)

元井 広夢

最近の連チャンは出玉詐欺のような(マテ
・・・出玉なしの当たりもあるんでしたっけ???

はる

こんばんは(^^♪

“ツキ指数”というのは初耳でした。
業界用語として普通に使われている言葉なんですね。

ラッキー♪なんて思っても
それに至るまでには観察力・洞察力が必要なんですね、
そしてピークであっても、ある時点で止めるという自制心も肝心。
人生修行のようだなあ(^.^)

オカパチクローバー

mbd管理人 さんへ
ヽ(〃≧∀≦)ノノノいらっしゃいませえ♪

要約しすぎじゃ(笑)
まあ、そのとおりじゃ(笑 笑)

ケツが自立する時代になったのか( ..)φメモメモ

mbd管理人

ふむふむ。
要約すると
調子に乗んな。
といいうことですな(。+・`ω・´)キリッ

下着はしょせん下着。
私は自立するケツが欲しいのであるっ!!!

オカパチクローバー

ほんなあほな。 さんへ
ヽ(〃≧∀≦)ノノノいらっしゃいませえ♪

回転率のピークで見極めができる人は
パチ神さまです(-m-)
人ではありません。

思い上がっても勝てる台を打っていれば、
いずれ良い結果が返ってきます。
豪遊さえ控えれば良いのです(-m-)

自分は、あまり時間は気にしないのですが、
35連チャンした時は2時間前後出しっ放しだったと
記憶しています。
途中でトイレに行っても出しっ放しでした(笑)

ほんなあほな。

いやぁ~これ、6020玉の時点で、
「よしっ!ここで撤収~!」って見極めれる人がいるんだろうか??
此処まで打っての結果で、「あの時点が止め時だった・・」って反省を込めて振り返れるだろうけど(;´▽`A``
私だったら、調子に乗り上げて、思いあがりまくるだろうなw
で、爆出し、35連チャン、時間にするとどれぐらいの時間の出来事なんでしょ?
非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック