FC2ブログ

1円パチンコの未来はどうなるか考えてみた(2) ~ 貸玉レートの多様化による集客効果は頭打ち 次回へ続く

202017日【更新:62日】

貸玉レートの変遷

パチンコの貸玉レートの上限金額の変遷を以下に簡単にまとめました。

1949年に1円から2円に変更。この頃はまだ手打ち式でした。

1972年に3円に変更。この年から電動式ハンドルが認可されました。

1978年に4円に変更。

20144月から消費税相当分の上乗せが認められたため、現在では消費税込みで4.4円以下となっています。

 

1978年から30年近くもの長い間、14円のみといった時代が続きました。

 

2006年頃から1円パチンコを始めとした低貸玉パチンコが普及していきました。低貸玉専門店も続々登場しました。4倍遊べる」といったキャッチフレーズなどで集客を図っていましたね。


現在でも4円パチンコが主流ではありますが、低貸玉パチンコも立派に市民権を得た形となっています。

 

複雑系の貸玉レートには困惑する向きもある

ここ10年ほどの間に、パチンコの貸玉レートはかなり多様化していますね。

 

自分の近所のホールも4円、1円、1.6円、1.25円のうち2つの組み合わせが頻繁に変わりました。4+1円での営業から1.6+1円に変わり、しばらくして4+1.25円に変わるといった具合です。

 

低貸玉パチンコは全国的に1円のシェアが最も高いです。これに1.25円、2円、0.5円が続くようです。

 

この他、0.1円とか0.2円とかの超低貸タイプの他、0.224円、0.67円、1.12円、2.24円といったマニアックなものまで確認できます。おそらく、基準の貸玉レートに消費税分を乗せているのでしょう。

 

しかし、ユーザーからみれば、混乱要因でしかありません。顧客ニーズはどこへ行ったのでしょうか。

 

集客手段としての低貸玉レートの導入は頭打ち

グラフは貸玉レート別にみたパチンコ機の台数割合の推移です。データはダイコク電機さまのホームページからお借りしたものを加工してあります。データサンプル数は全国の3割ほどの台数になります。

 

4円パチンコと1円パチンコは掲載データをそのままグラフ化しました。1円、4円パチンコ以外については、100%からそれらを差し引いたデータをグラフ化してあります。点線は近似曲線です。グラフの長期的な傾向を示します。

 

グラフにある「1円、4円パチンコ以外」とは、1.25円や2円パチンコなどの複雑な貸玉レートとみなしました。


20200107 1円パチンコの未来はどうなるか編 グラフ1 - コピー


20200107 1円パチンコの未来はどうなるか編 グラフ2 - コピー


20200107 1円パチンコの未来はどうなるか編 グラフ3 - コピー

 

2008年から2017年にかけての推移を見てみます。

 

4円パチンコの割合は減少傾向ですが、減少の勢いは2014年以降、やや落ち着きつつあります。

 

1円パチンコは増加傾向でしたが2015年で頭打ち感が見られます。

 

それら以外のレートも急増していましたが、2016年から落ち着いてきたように見えます。


このように、低貸玉レートの導入による集客効果にも手詰まり感が出ているようです。

 

次回へ続きます。


20200104 1円パチンコの未来はどうなるか編 - コピー



パチンコランキング
  にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村  
  最後までお読みいただきありがとうございます。 
また、いつもぽちっとしていただき重ねて感謝いたします。
関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック