期待収支計算ツール (暫定版)

ご使用にあたっては、下部に掲載してある使い方の説明をご覧ください。1円、4円でも、甘デジ、ライトミドル、ミドルでもデジタルパチンコならばほとんどの機種で使用できます。

 

下部に主に甘デジの一部機種ですが、「1Rあたりのトータル確率」と「1Rあたりの出玉数」について、実践値を掲載していますので必要な方はご利用ください。

期待収支の計算
FC2ブログ
★以下に数値を入力してください
A:1ラウンドあたりのトータル確率の分母(例:1/4.9の場合は4.9)
B:1ラウンドあたりの出玉数(例:65.1玉の場合は65.1)
C:250玉あたりの回転率(例:22.5回転の場合は22.5)
D:貸玉レート (例:4円パチンコの場合は4)
E:交換率 (例:4円パチンコで3.6円交換の場合は3.6)
F:現金比率 (例:総投資12,300玉のうち現金分が6,150玉なら0.5を入力 6,150÷12,300=0.5)
G:通常回転数 (例:1,109回転なら1,109)

9.期待収支(円) 
※小数点以下が表示されますので、桁にご注意ください。


期待収支計算ツールの使い方

デジタルパチンコの稼働で、打った台がいくら稼げる実力があるのかを測るツールで

す。

あらかじめ、貸玉レートと交換率は確認しておいてください。

 

入力する項目は以下のとおりです。

 

A.    1ラウンドあたりのトータル確率の分母

B.    1ラウンドあたりの出玉数

C.    250玉あたりの回転率

D.    貸玉レート

E.     交換率

F.     現金比率

G.    通常回転数

 

A.1Rあたりのトータル確率(水色の部分)B.1Rあたりの出玉数(黄色部分)について、オカパチクローバーが実際に稼働して得たデータを下表にまとめてあります。この数値を期待収支計算ツールへ入力すれば、あとは回転率と通常回転数等を入力するだけで期待値が自動で計算されますのでご利用ください。実践値ですので現状ホールの実態に近い数字だと思います。

 

技術介入に自信があり、一般の打ち方よりも玉を相当数増やす自信のある方用に5%増加の数値も表記してあります。

 

一方、打ちっ放しが多い打ち方なので、どちらかというと玉は減るという方は5%削りの数値をご利用ください。

1Rあたりのトータル確率 出玉数 表

関連記事

オカパチクローバー

九州在住です。パチンコの立ち回りは試行錯誤のうえでの自己流です。4円の甘デジ(遊パチ)中心に打っていますが、勝ちづらくなり1円パチンコにシフトしそうです。

   ⇩クリックすると飛びます⇩









~~~ヾ(^∇^)こんばんにちわ♪

★パチンコで勝ちを最大限に高め負けを最小限に止めるのに役立つ知識と考え方。素人でもここまでできる実践の話です。
 ⇩ 特集記事です ⇩
⇩下のボックスをクリックすると飛びます⇩



 新型肺炎から身を守るための情報

★勝つためのパチンコについて


パチンコは勝つ時もあれば負ける時もあります。

精神的に強くなることがパチンコでの勝ちにつながります。

パチンコで勝つにはよく回りよく出る台を打つことが一番の近道です。自分は、打つたびに勝つ方法は知りませんが、最終的に勝てる方法は知っています。

 

★オカパチクローバーの稼働実績について

オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック