FC2ブログ

現金投資の罠 前編 ~ パチンコの換金ギャップ

2019年10月10日【更新:2020年5月27日】

昔は景品との交換率が低い店ほど調整が甘く勝ちやすいと言われていましたが、近年ではそうでもないようです。打ち手もしっかりと損得勘定を考えながら打った方が良いですね。


以下、現金投資と貯玉の関係を自分なりにまとめてみました。長くなりますので、前編と後編の2回に分けて述べます。

 

換金(交換)ギャップについて

パチンコは最初に現金で購入(借りる)した玉を打ちます。大当たりを引いて出した玉は景品に交換します。


例えば、11,000円分の玉を購入すると2,750玉になります(14×2,750玉=11,000)。この2,750玉を打って大当たりを引き、同じ玉数の2,750玉の出玉を得たとします。これをカウンターに持っていくと10,000円分の景品にしか交換してくれません。差し引き1,000円のマイナスです。これが換金ギャップです。パチンコ店の収益源のひとつです。

 

パチンコの景品交換の交換率について、諸事情により等価交換(11,000円分の出玉を同じ11,000円分の景品に交換)の店は全国的に少なくなっています。自分が通うホールの交換率は上述のようにざっくり9割です(10,000円÷11,000円=0.909・・・)。玉を購入した時点ですでに1割負けているのです。

 

11,000円分の景品に交換するためには2,750玉の1割増しの3,025玉が必要です。実際には景品の最低交換額が決められているのできっちりとこのような玉数にはなりませんが、仕組みはこんなものです。

 

例題です

大当たりが続き、持ち玉がたくさん(5,775玉)できたと仮定します。このうち最初に購入した11,000円分に相当する3,025玉を景品に交換しても、まだ、2,750玉が残りましたので貯玉(玉を預かってもらう=磁気の会員カードに入れるのが一般的)にしました。

 

貯玉ができた状態で、再びパチンコを打ちました。以下にあげる(a)(b)とではどちらが多くお金が残るでしょうか?

(a)貯玉2,750玉をすべて使って打ち、大当たりを引いて貯玉と同数の2,750玉の持ち玉ができました。すべて10,000円の景品に交換しました。


(b)貯玉は使うのがもったいないので、11,000(2,750)を現金投資して打ち2,750玉の持ち玉ができました。すべて10,000円の景品に交換しました。

 

正解は(a)です。

(a)   のケースは、現金を使わずに貯玉で打って景品に交換したので手元には10,000円残っています。


(b)  のケースは、現金11,000円を使い10,000円の景品に交換したので、手元には10,000円残っているかのように見えますが、実際には差し引き1,000円のマイナスです。

 

このように、貯玉をつくることができれば、貯玉を使い遊技したほうが断然有利なのです。逆を言えば、貯玉があるのに現金投資をすると損をします。

 

以下、後編では現金投資および貯玉投資が期待収支にどう影響するのかを実際の稼働結果に基づき述べてみます。


★現金投資の罠 後編 ~ パチンコの貯玉(持ち玉)遊技の優位性

https://okirakucb.jp/blog-entry-207.html


パチンコランキング
  にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村  
  最後までお読みいただきありがとうございます。 
また、いつもぽちっとしていただき重ねて感謝いたします。
関連記事

コメント

オカパチクローバー

ほんなあほな。さんへ
いらっしゃいませ(=^・^=)

言われてみれば、そのとおりですね。
パチンコ屋さんの経営も厳しいようですが、
もう少し収益を自分らユーザーに還元してほしいものです。

ほんなあほな。

No title
ほぉぉ
等価交換じゃないんですね@@/
負ける人もいるし、勝った人からも収益を取る…パチンコ屋さんが、
儲かるわけだわ。
非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。ただのパチンコ好きです。パチンコ屋さんが巨大産業になっていたことに最近気づきましたw

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック