FC2ブログ

台は休ませたら調子が良くなるのか? ~ Fシンフォギア スペックS

引け - コピー


シンフォギアを淡々と打っていましたが、回転率が落ちてきたので、通常時を合計で400回転強回したところでいったん止めました。打ち込み履歴は以下の表のとおりです。


前半 履歴


143回転目で初当たり4連チャン、その後4連続で単発15回転目の早い当りで4連チャン、50回転目は単発、35回転目で11連チャンしました。

 

体感的には4連続単発が最も大きな精神的ダメージですが、それでも当り自体は軽く、言うほどきつくはなかったです。大きなハマりもなく最後は11連チャンしましたので満足感は高かったです。初当たり確率は55分の1でした。

 

さあ、損益面を見てみましょう。


前半 収支


表面上の回転率は21.2(250玉、千円あたり)回転です。1回転あたりの玉単価は5.7(期待収支2,545円÷通常回転数441回転)ですので、あまり高くはありません。自分は7円以上を目標としています。回転率としては22回以上が目安です。

 

打つ台がどれだけの出玉の性能を有しているのかを把握してから打つことは重要なのです。ホールが出玉を削ってくるのは稀にしかないと思うので、普段は回転率だけ気にして打てばおおよその期待値が計算できます。

 

出玉(持ち玉)1万発ほどありましたので、ここでも満足感は高かったです。投資の5,625発を差し引いて、差玉が5,169発で十分です。

 

 

次に、2回目のチャレンジです。他に打てるような台もなかったので、少しでも期待値の取れるこの台に戻ってきました。前半11回転で離席した後、63回転まで回されていました。


後半 履歴


後半 収支


結果は、打ち込み履歴では2回の初当たりを引き、13連チャン、7連チャンと続き気分が良かったのですが、最後に364回転もハマり、時間も遅かったので途中で止めました。初当たり確率は262分の1とライトミドル機並みでした。

 

損益面では、前半と同じ5,625発を打ち込み、回転率が23.9回転(前半21.2回転)、玉単価9.5(5.7)と各々向上。差玉は3,507(前半5,169)と前半には及ばなかったものの、プラス圏を維持しました。

 

まとめると、出玉が多かったのが前半で、回転率や玉単価の効率が良かったのが後半でした。どちらが調子が良かったかは各人の主観によるでしょう。

 

わかったことは、投入玉数5千発程度では、回転率は安定しないということです。2万発は打ち込まないと、その台の本当の回転率はわからないと言われています。

 

余談ですが、打てる台かどうかを判断するのに毎回2万発も打ち込むわけにもいかないので、実際は、いつ期待値を入れてくるのかといったホールのくせや集客状況、釘読み等を総合的に勘案して見極めることが重要だと思っています。


出動 - コピー


シェム・ハ 開眼 - コピー

関連記事

コメント

非公開コメント

オカパチクローバー

九州在住です。パチンコの立ち回りは試行錯誤のうえでの自己流です。4円の甘デジ(遊パチ)中心に打っていますが、勝ちづらくなり1円パチンコにシフトしそうです。

   ⇩クリックすると飛びます⇩









~~~ヾ(^∇^)こんばんにちわ♪

★パチンコで勝ちを最大限に高め負けを最小限に止めるのに役立つ知識と考え方。素人でもここまでできる実践の話です。

Twitter

★オカパチクローバーの稼働実績について


オカパチクローバーの過去1年間の4円パチンコの成績を月単位で振り返ると、

最も勝った月は2019年1月で311,206円でした。

一方、最も負けたのは8月の

-106,067円です。

詳しくは申し上げられませんが、年間成績は、月平均10万円プラスアルファの12か月分と考えてください。

自分はパチプロではありませんが、甘デジでこのくらいは稼いできました。やる気と時間と多少のノウハウがある方ならこれ以上稼ぐことも可能です。

1日にどのくらい打つかというと、たくさん打った月で平均6時間くらい、少ない月で2時間弱といったところです。年間だと3時間強になりました。

お客様数

プライバシーポリシーについて

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック